ASAMIZM◆ヴォーカルASAMIのぶろぐ

プレイヤー

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

AMILAから皆様へご報告があります

【ご報告】
AMILAのバンマスとして、応援して下さった方々にご報告があります。

昨年11月22日welcome backを最後にライブ活動を休止し、
完全に制作期間へ突入したAMILAです。
制作期間後は今までより何倍も力強く、素敵なサウンドを奏でられるバンドとして
活動範囲を広げてた沢山の人の前で歌いたかったのですが、それを実現することができなくなりました。

AMILAは正式に解散することになりました。

曲作りに協力してくれたUSK、
各所ライブハウススタッフ、イベンターの方々、
アー写撮影を依頼させて頂いてたコザクラさん、
サポートメンバーのまいちゃん・ゆかちゃん・あつきくん、
「AMILAのレコーディングはキャンセルのままでいいんですか?いつでも連絡ください!」と呼び止めて頂いたエンジニア滝沢さん、
「レコ発は是非うちで!」と復活後のライブをお約束していたwelcome backのスタッフの皆さん、
そしていつも大きな拍手でいっぱい応援してくださった皆さん、

本当にごめんなさい。

音楽を始めてから、バンド形態であることにこだわってきました。
バンドでしかできないことに魅力を感じ、思えば理想のバンドの追及にばかり頭と時間と心を使っていたここ数年でした。

前身のバンドHubscoreを組んで、その後たくさんの人との出会いや別れの中で
辛いこともたくさんありましたが、2012年から現メンバーでAMILAとして活動をしました。

メンバーには数多くの要求をし、周りからは“ストイックなきっついバンマス”とよく言われていましたが、私が伝えようとしている事、やりたい事はどうにかして受け取ろうとしてくれる彼らでした。

2013年は一つ一つのライブが着実に階段を登るような…そんな手ごたえでした。
サウンド的にも、演奏をする姿勢も全員がやっと掴んで、「多くの人に聴いてほしい」と本心で思えた(自分で合格点を出せた)ので、更に進化するために制作期間に突入しました。

けど、その勝負にでる前の準備期間で、既に勝ち負けが決まった、というのが解散に至った最大の理由です。
bassのitou4500から音楽活動を引退すると宣言がありましたが、直接の原因ではありません。
その他の解散の原因も、1つもありません。

以前先輩ミュージシャンと、「可笑しいと思われるかもしれないけど、音楽の神様っていうのは必ずいるよね」という話をしたことがありました。

私は、このままの状態でバンドを続けたら音楽の神様に絶対怒られるって思ってしまった。
だからそれに背くことはどうしたってできなかった。自分のバンドは自分の子供と同じ。
一生懸命育てるって、自分自身にも支えてくれてる人にも約束したけれど、
それが結果的にできなかったので、本当にごめんなさい。悔しく思います。

頑張ってくれたメンバーには、それぞれが納得できる道を一生懸命進んで行ってほしいと思います。

大変ありがたいことに素晴らしい音楽人に囲まれいるので、
コーラスやゲストvoでのお仕事も含めて、今はソロで頑張ってます!
頑張れる環境で、やるからには手抜きなしの一生懸命になれる場所に身を置いて、音楽とはこれからもそんな関係で付き合っていきたいと思っています。
結構あとの話ですが、10月24日(金)に初ソロライブも決まっているので是非お越しください!(ちゃっかり宣伝。笑)

AMILAから歌っている自分の大切な曲も、歌い続けていこうと思います。
今後は、一皮も二皮も剥けた歌がうたえる気がします。
あと、これを機に音楽以外のことにも、もっとじっくりと携わっていきたいと思います。
今まで疎かにしてしまったこととしっかり向き合って、充実した人生を送れるように…!!

皆さんに失礼だったので早く報告したかったんですけど、今になってしまいすみません。

近くから&遠くから応援してくださった皆さん、
今まで本当にありがとうございました。

いつだって皆さんに対して一生懸命でいれた自分を誇りに思います。
そしてこれからも、よろしくお願いします。

ASAMI

2014-07-13 15:10:02投稿者 : ASAMI
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと
コメント一覧
コメントはまだありません。